top of page
2.jpg

さとうゆうき

Youki Satoh

七宝焼き制作 studio plankton代表

大学で金属造形を学び、卒業後に美術館付属の工房で4年間ほど七宝焼きのアシスタントを経験。

同時に大学在学中より5年間子どもむけの美術教室にて講師を担当した後に独立。

七宝ではカルチャースクールや体験講座、ワークショップでの指導、また幼稚園やデパートなどで子どもむけのワークショップを担当。

土いじり、自宅の改造が主な楽しみ。犬と猫とアヒルと暮らす。

北海道室蘭市で幼少期、札幌市で青春を過ごして旭川市に流れ着き、現在に至る。

インスタグラム 

作品画像を掲載

​ツイッター

制作工程やお知らせ、日々の出来事やローカルネタ

 

七宝焼き(Hot enamel/Cloisonne)

 

七宝焼きとは、銅や銀など金属の上にガラスの粉(七宝釉薬)を乗せ、約800度の高温の窯で焼成し制作をする技法です。

主に「有線七宝」という銀の線を用いる技法を用い制作しています。

 

シュールなモチーフをメインに、
性別や年代を問わずに身に着けられる、現代的なブローチなどをデザインしています。

bottom of page